静岡県富士宮市大岩

 

資産運用TOP

RAF  TOP

野立てソーラー発電。2014/10~売電開始。土地約185㎡、出力16.38kw

環境貢献の目安(年間)

石油削効果     3782リットル(ポリタンク18L換算210個分)

二酸化炭素削減効果 5240kg-CO2(レジ袋113914枚、自動車走行距離換算22298km)

2014.4


まずは草刈りから。

現地は植木や資材置き場として使用していた場所。とくに目的があったわけではないので思い切ってソーラー発電の設置を決意。

ソーラー発電設備のプランニングを経済産業省に提出し、設備認定の申請をします。同時に地目が農地で調整区域あったために農業委員会へ農地転用の申請をします。富士宮市の場合約40日で農地転用が許可されます。

2014.8


基礎の工事

敷地の整地が終わったら基礎の工事です。

この上に架台を設置していき、パネルを固定していきます。

ここまでの手続きはなにかと手間がかかりますが、この状態になれば完成までもうすぐです。

2014.9


パネルの設置

角度を決めてパネルを設置していきます。

真南向き、傾斜角度10度で84枚のパネルが設置されました。

あとは東京電力と連系の工事をしたのちに、本契約を結び、売電の開始となります。

 

南西から